第916話 あさのひととき

全身大火傷。
・・・と、いうか日焼けがヒドイだけなんですがね(^^;

ウチのご近所徒歩3分圏内に、牛丼の「なか卯」ができました。
都内の駅前だというのにコンビニのひとつもなく、あるのは自販機1台のみという惨状の中、
これは一筋の光と言ってもよいでしょう。
始めのうちは使い勝手が良いので通っていましたが、さすがにほとんどのメニューを
制覇してしまうと飽きがきてしまいます。

まぁ、そんなこんなで最近ご無沙汰だったんですが、朝5時に目が覚めた今日、
なんとなく朝限定の納豆定食が食べたくなり足を運んだ次第です。

さすが5時。
客は誰もいません。
店にいる店員もひとりだけ。
なかなか恰幅のよい青年。
便宜上、彼の名前は仮に「つとむくん」としましょう。
で、そのつとむくん、私が買った食券を確認すると誰もいない厨房に向かい、
「納豆定食でーす」
と叫びます。
マニュアル通りなんでしょうが無駄と感じてしまうのは間違いでしょうか?
彼しかいないんですから。。。

さて、この手のお店は「やすい」「はやい」「うまい」がウリなんですが、
5分経ってもでてきません。
別に急いでいる訳でもないのでいいんですが遅すぎです。
つとむくんの動きを見ているとあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
しかも何か意味のある動きに見えません。

「おまちどおさまです」
いや、ホントに待ちましたよ。
ごはんを盛って、味噌汁をよそい、納豆パックと生卵を出してお新香と味付け海苔を
つけるだけでなんで9分もかかるんですか?
ハッキリ言うとつとむくん、トロ過ぎです。

確か以前通ってたときにもいたので、もう2、3ヶ月は働いているハズです。
入ったばかりのときも他の店員に怒られてましたね。
その時は牛丼出すのに15分かかってました。
ごはん盛って、上から牛肉かけるだけでしょうに。。。
とりあえずその時から劇的な進歩はないようです。

私思うんですが、あのままだといつか短気な客がキレますよ。
私のあとにきて、豚汁定食をたのんだおじさんなんか出てくるまで5分。
豚汁よそって、ごはん盛って、お新香つけるだけでしょう?
何がそんなにかかるのか?
無駄にちょこまか動くんですが、まったく必要のないアクション。
見ててイライラしますよ。

かくして、食べ終わって店を出たのが入店の25分後。
次来るときは、この時間帯は避けよう。
精神衛生上よくありません。
しかしまぁ、つとむくんはいつまでもちますかね?
いつまで経っても仕事を覚えられないんじゃそのうちお払い箱になっちゃいますよ。
別に私が心配するこっちゃありませんがね。
とりあえず、普通に提供してくれりゃ文句言いませんよ。
・・・ってそれができてないのか。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-08-19 06:39 | 第911~920話
<< 第917話 旅立つ日 第915話 ぴー >>