<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第981.5話かまうもんか

a0001165_0265931.jpg

a0001165_0265981.jpg

ひきこもり生活2日目。
パチンコに出掛け、負け、凹み。。。

もう、食って、飲んで、寝る!
[PR]
by mkom00 | 2010-03-22 00:26 | 第951~960話

第981話強くありたい

佐渡への誘い、210km自転車ランのエントリーシートらしきものが届きました。
最近週末の天気が悪く、自転車から遠ざかりがちな状態で大丈夫なのか心配。。。

三連休ですね。
まったくもって何にも予定は立っていませんが、おそらく引きこもるでしょう。
誰とも会いたくないです。

物凄く人と接触するのが嫌です。
何でこんなに嫌になったか?
その原因を考えてみると、今の周りの環境の影響がかなり大きいかと。
1日の活動時間の五分の四以上を占める会社での人間関係。
これに尽きます。

仲良しクラブではないので、なぁなぁで仕事をしてはいけません。
これはわかります。
ですが、ウチの女性陣、相手を完膚なきまでに叩きのめさないと気が済まない性質。
加えて、ここのところ延々と続く深夜残業のせいで極限状態。
その傾向は更に強くなってます。
妥協って何?
思い遣りってなんだっけ?

専ら攻撃対象は私。
もう何ヵ月も連続してる激務のせいで一番私が弱っており、反撃が少ないからなんでしょうかね?
始めは私もそこそこ相手してましたがもうそんな元気も使い果たしました。
あとは叩かれ叩かれ、理不尽な要求や無茶な要求も多数。
1を言えば5の文句が帰ってくるし、それに反論すればまた倍以上の文句。
もう何かを考えることすら億劫。
ただでさえ、凹むととことん沈むのにそんな状態ではもはや這い上がることもできません。

「誰かと会話する」=「言い合いをする」
が日常化してる最近では会話すらしたくない。
それに私の周りの女性は皆こういう人ばかりなので特に女性が苦手に。
決してそんな人ばかりではない、と頭の中ではわかっているんですがね。。。

要は弱い私が全ての元凶であり、自業自得なわけです。
そんな弱い私がとれる手っ取り早い方法が「ひきこもり」。
会話をしない、誰かに接触しないことで辛い日常を思い出すことを回避し、自分だけの世界で自分を癒す。
歪んだ行為だとは思いますがこれが今私にできる精一杯。
これでも癒しきれなくなったら・・・。

書けば少しは気が楽になるかと思いましたが、考えれば考えるほど袋小路へと向かいます。
この世界で生きていくのに今の私は弱すぎるのでしょう。
かと言ってこんな弱りきった私を受け入れられる甘っちょろい世界などありはしません。
生き抜くためには強くならなければ。
ただ、そのためには充電が必要。
毎日会社で放電してるのでいつ溜まるかわかりませんが、そのときまで心を折らないことが目標。
「自殺防止強化月間」
の政府広報ポスターを見ながら思いました。。。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-19 23:42 | 第951~960話

第980話はじめての○○○

a0001165_23185771.jpg

一昨日、すき焼き鍋でパエリアを作りました。
殼つきのエビの背ワタはどうやってとるんだろう。。。

土曜、日曜は別に必要ありません。
断続的であっても眠ることができますから。

処方されてから初めて迎える平日。
ついに精神安定剤の出番です。
夜、寝る前に1錠。
これが用量です。

処方されたとき注意点として、朝起きたときに筋肉が弛緩して立ち上がれない場合がある、と説明を受けました。
ただ、それは高齢者の場合で若ければ大丈夫。
そんな話をしていました。
ですが、私を侮ってもらっては困ります。
そんじょそこらの若者より数段年老いた肉体を持つ私。
会社の健康診断でも60代だと評されるくらいです。

朝起きてまず、よろけました。
足に力が入りません。
布団の上に転ぶ。
と、寝転がってもいられません。
会社へ行かなくてはまた何を言われるか。。。

少し足を揉みほぐし、再び大地に立つ。
うむ、よろけたのは気のせい。
ちゃんと立てるじゃないか。
今度は大丈夫。

準備をして家を出る。
何かおかしい。
おかしいのはわかっているのですが、何がおかしいのかわかりません。
頭がフワフワしてる。
あまり頭が回らない。

午前中は何だか頭に靄がかかったかのよう。
言動がおかしい、と再三指摘をうけました。
それでも仕事はこなせるもんですね。
と、言うかホントにマトモにできてたのか心配。。。
薬のせいなのか、病状なのか定かではありませんが、揺るぎない事実はひとつ。
確実に数ヶ月前よりおかしくなっている、ということ。
やっぱりちょっと考えるべきでしょう。
と、こんなときに限って部長は長期休暇中、マネージャーは長期出張中。
どうにもなりませんな。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-15 23:18 | 第951~960話

第979話負の連鎖

明日は久しぶりに晴れそうですね。
自転車引っ張り出して走りましょうかね。
何か考えられる余裕もなくなるくらい疲労困憊したい気分です。

朝起きると胸が痛い。
いつもよりキツい。
少し休めば治るさ。
ただでさえ役立たずなのにまともに出社すらできないとなるともはや何を言われるか。

ですが、世の中とは都合よくいかないものです。
会社に電話して「休み」ではなくシフト勤務ということにしてもらう。
私に有休は1日たりとも残されてはいません。
やらねばならない作業の指示を伝え、近所の病院へ。

もっと近くに大きな市立病院があるのですがあそこは評判がよくない上に平気で患者を5、6時間待たせます。
そんなとこへ行ったら1日消費してしまいます。
なのでいつものかかりつけの医者へ。

胸が痛い。
これを受け、血圧を計り、心電図をとり。。。
「何の異常もありませんよ」
ナゼ?こんなに苦しいのに。
ふと、最近不眠症でもあることを思いだし、告げると、
「心因性のものでしょうね、胸も」
との診察結果。
ではどうすれば?
「ストレスを溜めないことです」
そんなサラリと言われて、ハイそうですか、とできてたらこんなんなってませんよ。
「とりあえず精神安定剤だしときます」
こういう薬がでましたか。
ついにこれで私も精神疾患持ちですね。
薬の処方をしてもらうときの「可哀想な人を見る目」をしてた薬剤師のおねーさんが印象的でした。

昼から出社すると
「mkomさん精神病院行ったんだって?」
あながち間違いではないがいったいどこからそんな噂が。
「不眠症でつらいって聞いたけど」
これを知ってるのは一部の上役だけ。
まぁ、だいたいだれだかわかるケド(-_-;)

定時が過ぎ、残業時間に突入して少し経った頃。
「は〜い、皆帰ろうね〜」
「あんまり仕事し過ぎるとmkomさんみたいになっちゃうよ〜」
とある女性次長。
本人は冗談で言ってるつもりでもこっちにとっては冗談なんかじゃ済まない。
かと言って相手にする気力もない。
無視だ無視。
こんな無神経にいう上司がいるから皆おかしくなっていくんだ。

何だか無性にものに八つ当たりしたい気分です。
しかし、こんなのが続くようならいつかあの連中を殴ってしまいそうで怖い。
そうなる前に異動願書くか、辞表書くか、休職届出さないとダメかもしれません。
少なくとも今の精神状態では何も為すことはできないでしょう。
それは確かです。
こんなブラック企業に転職してしまった自分を呪うしかありませんね。。。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-13 01:28 | 第951~960話

第978話自覚し始めると

人の多い帰りの電車。
楽しげに会話を弾ませるカップル。
難しげに本を読むサラリーマン。
疲れて座席にへたりこんでる中年オヤジ。
人ってこんなに色々いたんですね。。。

毎日5、6時間デフォルトで残業をして家に帰り着くのは日付が変わってから。
そして風呂に入り、飯を食べ、寝たと思うとすぐ目が覚める。
そんな生活を半年近く。

限界なんですかね。
最近、思考能力の著しい低下、体調の不調、そしてそれだけならまだしもミスの多発が決定打。

「早く帰れ」
残業制限がかかってしまいました。
まぁ、早いハナシが「役立たず」の烙印を押されたわけで、不況の世知辛い世にあってはそんなヤツにビタ一文も払いたくないのが会社というもんでしょう。

今まで「まだ大丈夫」と自分を騙しながらやってきましたが、一度折れると脆いもんです。
急激に身体の重さ、頭の重さ、気分の重さが襲ってきました。
人間は気持ちのイキモノ。
気を張っているときは少しくらいきになっても大したことありません。
が、こんな今、どんな些細なことでも全てマイナスへとふれてしまいます。

「心療内科行ってくれば?」
上司は言います。
ある種の負の蔑みが混じっている気がするのは私の被害妄想でしょうか?
こうやって先人たちは皆、ドロップアウトしていったんですね。
今ならわかるそのキモチ。
私のとるべき明日はどっちだ?
[PR]
by mkom00 | 2010-03-11 21:39 | 第951~960話

第977話転がり落ちる

何だか左胸が締め付けられるように痛みます。
病院行こうかと思うと治まるので判断に迷うところ。
ま、順調に死へと向かってるみたいでイイ感じです(≧▽≦)

ここのところギャンブル関係は連勝が続いていたのですがそれも今日までですね。
もはやあとは何をやってもダメでしょう。

私の場合、仕事とギャンブルはどうも反比例の関係にあるようで、今日は珍しく何もなく、挙げ句の果てには20時前には会社を出れてしまいました。

これを幸福と言わず何と言うか。

早速会社近くのパチンコ屋へGO!です。
今日はイベント日だし出るだろう。
最近はイキオイもあるしね。

ウキウキしながら店に入ると席が空いていません。
そう、今日は新台が入るのです。
私も目的の半分はその台を打つことです。
・・・待つこと30分以上。
ようやく空いた席は150回転程度回した台。
イケそうな予感を感じつつお金投入。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・まったくもってアホくさい。
その台よく回ります。
そしてリーチもかかります。
ところがどんなに期待度の高いリーチがかかっても決してアタリはしません。
ヘタにリーチがたくさんかかるもんでついつい期待して。。。

周りを見ると私以外は皆1度はアタリを引いています。
ホントに私だけ。
まるで裏から操作してるみたいに見事に私だけ。

何かむかっ腹立ったんで止めて外に出ようとしたら途中でどこかに引っ掛けたらしく、ズボンが切れてる。。。
挙げ句に、出ようとしたら自動ドアが私を認識してなかったみたいでドアに挟まれる。。。

何か非常にやるせなくなり、松屋で牛丼を注文。
腹が減ってるとすぐ悲しくなるしね。
・・・え〜と、この量はナニ?
確かに並だけどさ、丼のご飯が見えてるのってどうなの?
ぎっしり敷き詰めろとは言わないけどせめて半分はあってほしい。
少ない。
店員に抗議。
ちょっと追加してくれたけど周りの客からは「浅ましい」みたいな目で見られ、居心地の悪いこと。。。

そそくさと食べ終わり、店を出て家路を急ぐ。
電車が来てる!
これを逃すと次は15分後。
さらに接続悪いからこれを逃すと家に着くのは30分は違ってくる。
ダッシュ!
・・・タッチの差で乗れず。
車掌も私が来てるんだからほんのあと10秒くらい待ってくれてもいいだろうに。

15分後の電車で座席に座っていると、私の真上の網棚から荷物を取ろうとするオッサン。
ウザイと思いつつ20分の乗車時間わずかな睡眠をとるべく目を閉じ・・・ガスっっ!!
脳天直撃。
オッサンが取ろうとしていたカバンは見事に私のアタマに当たり、車両の床に。
平謝りのオッサン。
ここで怒ると私は心の狭いヤツ。
何でもない、と受け流すが、実はもんのすごく痛かったんですよ。。。

世の中ツいてないときはとことんダメですね。
締めは駅の階段で滑りました。
幸いなのか、以前入院したときみたいに体は浮き上がらず、尻餅ついただけでした。
ま、それでも尾てい骨打ったし、周りからは注目浴びるしサイアクですよ・・・orz

やっぱり私は仕事で楽したり幸せ感じちゃダメなんですね。
多分1週間くらい連続で定時で帰れたら死ぬでしょう、おそらく。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-08 23:23 | 第951~960話

第976話84歩の安心

今日も雨。
嫌がらせですか?
まぁ、ここのところ心も身体もオーバーワークだったので「休め」ってことなんでしょうか。

私の家は駅まで徒歩1分圏内。
電車に乗るのは便利です。
ですがこの駅、東京都下とは思えないほどの環境。
駅を降りたらあるのは住宅と山のみ。
駅前だというのに店ひとつありません。
あるのは飲み物の自販機が2台だけ。

私の生活を支えるのは山の上にあるスーパーのみ。
車なしでは買い物に行くのも一苦労。
コンビニもあるにはありますが、片側2車線の県道を渡らねばならず、いささか不便。

しかし、そんな私に救世主。
駅の改札を出たところ。
その目の前にコンビニができたのです。
昔はおばあちゃんがタバコ屋をやっていたのですが、体調を崩してしまったのか店をたたんでしまいました。
半年くらい更地が続きましたが、その跡地にマンションができてその1階に待望のコンビニが併設。
24時間営業の有難いものです。

3月4日午前0時に開店。
その日は珍しく終電で帰れた私、駅の改札からそのまま店内に。
・・・活気ありますね。
終電で降りたひとたち皆物珍しいのか同じように店に吸い込まれていきます。
開店して間もないとはいえ、オープニングセールで弁当、おにぎり、サンドイッチは大幅値下げにより、ほとんど残っていません。
なんとなく置いてあった「お楽しみ袋」なんてものを買ってしまいました。

帰って開けてみると・・・カップ麺?
6個。
これで500円か。
あんまりお得感ないですね。。。
ま、これはこれでいいかな。

そして今日。
夕食の材料もなく、作る気力もなく、新たなコンビニに。
時間帯もイマイチだったのかもしれませんが、店内には私を含め客が3人。
対して、店員がカウンター内に3、商品出すのに2、何かのキャンペーン受付で2、の7人。
まぁ、開店当初だから応援とかもいたりして仕方ないのかな?
今日は弁当も豊富。
オープニングセールも健在だったのでミソカツ弁当を購入して帰宅。
帰りに何歩で家に帰り着けるか計ってみたところ、84歩。
100歩以内に24時間営業する店があるというのは便利なこと。
これからもお世話になることでしょう。
まずは「よろしく」と言っておきましょう。

部屋にたどり着き、弁当を食べながらテレビを見る。
何故か涙がでてきました。
なんでだろう。
何にも悲しくなんかないのに。
感動してるわけでもないのに。
自分の感情の制御ができてないのか、自分でも気づいてないだけなのか。
わかるのは、ミソカツ弁当が引き金だったのであろうということ。
別に不味かったわけじゃないんですがね。
あぁ、情緒不安定。。。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-06 22:37 | 第951~960話

第975話なにやってんだろ

今日は雨、降らないでほしいな。
自転車2週間も乗らないと身体が鈍ってしまう。。。

最近、週末になると歩いている気がします。
今週は本当なら22時には会社を出て、家路に就いていたはずなのです。
そのために、夜間から来る連中の仕事を引き受け、代わりに夜間の仕事をそいつらに任せたのです。

ところが計算ずくだったんでしょうね。
あれもこれもと巻き込まれ、気づけば終電は既になし。
「朝まで一緒にいればいい」

・・・トンでもない。
何が悲しゅうて会社に20時間近くもいなくてはならないのか。
制止の手を振り切って逃亡。
いや、脱出でしょうか。

さて、会社を出たものの、交通手段は既に断たれています。
残された手は
①ホテルに泊まる
②・・・

まぁ、以下はこの間の通りで、選択した手段もまた同じです。

永代橋→兜町→東京駅→桜田門。
ここまでも先週と同じ。
ですが、今回はそこから
外務省→特許庁→赤坂→青山→渋谷
なルート。
先週は新宿自体は賑わいがあったものの、そこに至るまでが寂しいもの。
店は閉まっており、コンビニもまばら。
対して今回ルート。
省庁関連は静まっていました。
がその先は赤坂、青山、渋谷。
眠らない街ですね。
煌々と点いているネオン、人通りの多さ、比べ物になりませんでしたね。

表参道あたりに差し掛かったときに、とあるビルの前を通りました。
そう言えば昔、付き合ってた娘とよくこの中のカフェで待ち合わせしたっけ。。。
さらに手前では青山の路地。
あぁ、そう言えば若い頃、皆でこの奥の鍋屋で飲んだりしたっけ。。。

何だか急に昔を思い出しました。
自分は今何をやってんだろ?
毎日死ぬほど働いて、ミスしてヘコんで、自分の時間なんて1日に2時間もない。
仕事でムシャクシャしてアタマ冷やすために長距離歩いて。
アホみたいだ。

また落ち込んでるうちに時刻はいつの間にか始発が動くあたり。
心の折れた私は、始発電車に揺られ只今帰宅中なのでした。
[PR]
by mkom00 | 2010-03-06 05:49 | 第951~960話

第974話入院のお知らせ

a0001165_2523540.jpg

運転免許証の更新ハガキが届きました。
思えば12km速度オーバーで捕まってから6年くらい。
ようやくこれで私も晴れてゴールドです。

この間の日曜日、車を一年点検に持っていきました。
アイドリング不調だったのでその旨を伝え、あとはよろしくと代車の赤いFITで上野へ出掛けていきました。

快調だったんですがねぇ。。。

まずは第一報。
「ご相談があるので連絡下さい」
運転中だったので車を停め、ディーラーへ電話。
担当者が接客中だったので、またかけなおす、と断念。

・・・帰りがけの車はいつしかディーラー近辺に。
せっかくなのでそのまま来店してみました。
丁度、接客も終わったみたいで担当の整備の人が応対してくれました。

・・・実は。。。
???
え?なに?
もう一度。

「お預かりした車のエンジンがかからなくなりました」

う〜む(--;)
これはいったいどうしたことか。
確かに朝まで動いてましたよね?

事の経緯を簡単に説明すると、こう。

エンジン不調の原因を探るべく、エンジンをかけた状態でプラグを順番に抜いていく、という調査をしたみたいです。
プラグを抜いても出力が変わらなければそのプラグが何らかの理由で電気が通ってないと判断できます。
で、1番目、2番目・・・3番目を抜いたときにエンジンが止まったそうです。
これは残る4番目が悪い、と判断できました。

じゃあなんでそこに電気が通ってないのか?
次の調査です。
プラグに電気を伝えるイグニッションボックスという部分があるのですが、その中が悪いのでは?
と、開けてみるとあらびっくり。
錆だらけ。
これが電気を通りにくくしてたに違いない。
ついでに言うとその錆はボックス内にあるイグニッションコイルとイグナイターという部品にも及んでたとか。
一生懸命掃除して錆を取ってくれたそうです。
さぁ、これで大丈夫。

元通りに組み直し、エンジンスタート!!
・・・ってアレ?


と、こんな経緯で心肺停止になったと説明してくれました。

ただ、来るときは動いていたのだから帰りに動かないってのは納得いかないでしょう?
整備士さんはそう言います。

・・・いや、古い車だから点検時に何か見つかるのは毎回覚悟してるんでそんなに。。。

いえいえ、納得いかないのはこちらもわかります。


う〜む、仕方ないと思ってるのにそう言われ続けるとだんだん洗脳されてきてしまいます。

結局の落としどころは、不良だった部品をリビルド品と呼ばれる中古品を整備しなおした部品に換えてもらうというところ。
でも乗せ換えとなると工賃が・・・。

いえいえ、頂く訳にはいきません。
ご迷惑をおかけしてるんですから。

そう言われ、お言葉に甘えることに。

さて、話しもまとまったところでふと気づく。
私の帰りの足は?(^^;
代車の貸し出し期限は今日いっぱい。
それに他の代車は出払ってるそうです。

では、これを使って下さい。

渡された鍵の車は試乗車のハイブリッド車インサイト。
一時期購入を考えたちょっと気になる車。

ええ、楽しく運転させてもらいましたとも(≧▽≦)b
もちろん少し遠回りして帰ったのは言うまでもありません。
さすがに試乗車なので借りっぱなしというわけにはいかず、家の前で同乗してた整備士さんに返しましたがね。

と、言うわけで我が家の白シビちゃんは入院と相成ったわけです。
ただ、今までのエンジン不調の状態では本来の60%くらいしか出力が出ていなかったらしく、部品を交換すればかなり違いが出るとのこと。
リフレッシュして帰ってきたらどこか遠出かな。
ちょっと楽しみo(^o^)o
[PR]
by mkom00 | 2010-03-06 02:52 | 第951~960話