<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第883話 二日目

外で子供の声がする。
これから学校だろうか?
明日が楽しみだったのは果たしていつまでだったか。。。

日曜の夜に少し違和感を感じ、就寝。
朝、激しい倦怠感、頭痛。
喉も痛い。
熱を測ると36.1℃。
平熱が34.8~35.0℃な私にすれば微熱。

37℃あったら病院行け

これが最近の職場のルール。
インフルエンザを警戒してのことなんでしょうが、
私にはこの症状、結構あるんです。
以前は結核が疑われ、市立病院にまで送り込まれましたが
慢性気管支炎、とのありがたい診察結果を頂いただけでした。

で、病院へ行ったのですが何ともはっきりせず。
とりあえず様子を見ましょう、と昨日はお休み。
薬ももらったのでとりあえず飲んで寝ました。

今日、再び熱を測る。
36.2℃。
変わらない。。。
ついでに言えば咳が出始めました。
さらに下痢も。。。

これ以上、欠勤するわけにもいかないのですが、
もし、これで出社して周りにうつしたら顰蹙ものです。
一応、医者のお墨付きをもらって大手を振って出社しなくては。

病状に咳と下痢が加わったとはいえ、昨日とそんなに変わらない状況。
病院には行かず、電話で先生に出社の可否を聞いてみることに。

「う~ん、もう一日様子を見ては如何でしょうか?」

医者も判断がつかない様子。
インフルエンザではないだろうが、とは言っていましたが、
もしかしたらそういう症状の患者がいたのかも。

こう言われては無理に出社して誰かにうつしたら言い訳もできません。
仕方なしに会社に二日目の休みの連絡を入れたのです。。。

こんな風になったからには一応気を遣わなくてはなりません。
昨日、医者に行ってからは一歩も外に出てません。
誰にも接触してません。
とりあえず食料、水は確保してあります。
篭城戦は続いていきます。

明日は社会に復帰できるといいなぁ。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-26 09:14 | 第881~890話

第882話 Happiness

前向きな発言をしたら
「それはアナタのキャラじゃない」
と笑われてしまいました。
普段、どんだけ後ろ向き野郎なんでしょうか?

忘れておりました。
部屋を掃除していて出てきた本。

コレ、なんですがね、
a0001165_2156214.jpg







あんなに探し回った挙句にタナピー氏まで動員し、
新宿にてやっと手に入れたものなのにその存在を忘れてました。
まぁ、ここのところ忙しく、料理をしている暇もなかったんで見ていなかった
というのは言い訳でしょうか^^;
いや、申し訳ない、タナピーさん。

さて、改めて中を読んでみます。
それぞれ見開きで1品ずつレシピが載っています。
a0001165_2225640.jpg







と、いうか材料と大雑把な作り方ですね。
欠かさず番組を見ていた私は
「ああ、あの場面か」
と作り方がアタマに浮かびますが、初めて見る人には
ちょっと不親切な構成かもしれません。
具体的に作業をしている写真なんかあればよかったかもしれません。
まぁ、あくまで素人の感想なので、デキる人にしてみれば
「これで十分」なのかもしれません。

春夏秋冬それぞれ季節に分けられたレシピ。
全部で43。
どれ見てもウマソウです。・・・あ、鶏料理除いて^^;
あとはそれぞれの放送回についての国分太一とケンタロウのトーク、
それから太一レシピなるちょっとしたサイドメニューのレシピなんかも
載ってたりします。

これを見て思い出しながら作りたいなぁ・・・暇があれば。

ページ数は少ないんですが、個人的に気に入ったのは
ケンタロウ・オススメグッズのページ。
改めて見ると、ウチにもなかったものがあったなぁ、と気づかされました。

ああ、こんなの見てたらまた小腹が空いてきましたよ。
なんて罪な本なんでしょ^^;

ちなみに本日のサブタイトル
「Happiness」
の意味は、後ろ向きに生きてると幸せが逃げる、
との助言を頂きまして、前向きなタイトルをつけよう、
と思い立った次第であります。
内容とは関連性が「少し」しかありません^^;
[PR]
by mkom00 | 2009-05-24 22:13 | 第881~890話

第881話 血は水よりも濃いが

ついにご近所で新型インフルエンザに感染した人が。
私もそのうち・・・(;_;)

政治家の世襲に一部規制がかかるとか。
まぁ、そもそも公僕である彼らに後を継がせるという行為は必要なのか?
国民の生活を左右する能力商売である以上は常に高い水準が求められます。
世襲は果たしてそれを満たせるのか?

血統が重視される競馬でさえ、どんなに優秀な父母からでも
スターホースが生まれるのは一握り。
年間、一頭の種馬から物凄い数の仔が産まれる馬ですらそんななのに、
たかがひとりかふたりしか産まない人間がその能力を子孫に伝えるなんて
確率的に低い話です。
そもそも、今や2世、3世は当たり前な政界にはどうも劣化しまくった人間ばかり。
その子孫にどれだけの期待がかけられるのか?

こんな成功者の末路の話があります。

初代が財を築き、
二代目が食い潰し、
三代目が潰す。

今の政治屋は二代目ばかり。
これが次に世襲などしたら確実に日本は沈むでしょう。

別に人の職業選択をとやかく言ってるわけじゃないんです。
政治屋になりたければなればいい。
ただ、誰の力も借りず、自分の力だけでなってほしい。
そんな簡単にポンと渡されたものに如何程の価値があるのか?

それに今は少しでも舵取りを間違えてはいけないとき。
そんな親の七光りだけが取り柄な輩がのうのうと座ってられる席なんてないハズです。
個人経営の会社ならそれもいいかもしれません。
ですが、その責を負う両肩には皆の未来がかかっているのです。

さて、これからは既得権益を持つものと持たざるものの争いになるでしょう。
果たして行く末はどうなるのか?
少しは変わってくれることを望みたいもんです。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-22 23:56 | 第881~890話

第880話 つぶやき棚卸し

始めのうちは気になっていたインフルエンザ感染者数。
もはやここまできたら1人や2人増えたところでそんなに変わりませんよ。。。

最近忘れっぽいんで、ふと思ったことなどを書き留めるようにしてます。
ちょっと貯まってきたのでここいらでいっちょ在庫一掃です。

「人生とは、重き荷を負うて、長い坂を行くが如し」
誰の言葉かは忘れたが、よく言ったもんだ。
登れば登るほど勾配がキツくなり荷物も増える。
どんな拷問なんだか。。。

トマト専門という珍しいお店。
トマト料理のコースもあるとかいう。
一度行ってみたいな。
「セレブ・デ・トマト」

馬の名前に早口言葉のフレーズをつけたら面白い。
「最後の直線、バスガスバクハツが抜け出した、
バスガスバクハツ、バスガスバクハツ、バスガスッ(>_<)」
・・・って舌噛みそう。

チラシを配るねーちゃんに意図的に避けられるとショック。
マンションのチラシだったんだが、俺は貧乏人みられたのかそれとも若造にみられたのか。
何にせよ避けられるのは凹むなぁ。

ちょっと前に電車の中にあったアクエリアスの広告。
溶けそうになってるサラリーマンがいきなり現れた北島康介に
アクエリアスを勧められ飲むと復活するというもの。
いきなり現れた北島康介にサラリーマン驚くが、
そりゃ電車の中で海パンいっちょの男がいきなり
声をかけてきたらおどろくわ(^^;

我らがベイスターズを数々のトンデモ采配により逆首位に導いてくれたO矢カントク。
ついに休養と相成りました。
あれほど交代を願っていたのに、イザ降板となると少し寂しい気も。
まぁ、例えどんな結果になろうとも責任を取るのが上に立つ人間の仕事。
とりあえず周囲からの重圧から解放されてのんびりして下さいな。
・・・後任の田代監督代行に変わった途端に強くなったら面白いのになぁ(^O^)

みずほファンの私としては、今年もまたこの季節には金を貢いでいます。
「mkomさん、色んなところに寄付しまくってますよね」
ああ、そうさ。
ファンなのはみずほだけじゃなく、農林水産省だって近所の玉遊技場だって大好きさ!
いつかは巡り巡ってたくさんのお友だちを連れて帰ってくるのさ。
それまで帰ってくる場所を守るのが俺の役目さ(^-^)
・・・呆れないでくれよ、後輩諸君(^^;

早く週末が来て休みたい。
でも、仕事の期限も週末だ。
あぁ、ジレンマ・・・orz

最近、終電帰りが多いので夕飯のメニューに選択の幅がありません。
途中下車すると家まで帰れない。
でも、地元に着くと店は閉まってるし、コンビニの弁当は売り切れてる。
深夜から飯を作るのは近所迷惑だし何より面倒。
かくして、カップラーメンとか深夜までかろうじてやっている牛丼、
という偏った食生活になるのです。
うぅむ、不健康(TT)

とりとめなく続く呟きなんだか小噺なんだか。
とりあえず今回はこれで終了。
また会う日まで(^o^ゞ
[PR]
by mkom00 | 2009-05-20 23:56 | 第871~880話

第879話 病は気から

松屋にて夕食。
最近、公私にわたり忙しく、料理する暇もありません。
せっかく買ったレシピ本が全く役に立ちません。。。

電車の中でマスクをしている人が多くなりましたね。
連日同じネタで申し訳ないですが、やっぱりインフルの話だったりします。

対岸の火事だと思っていた連日の報道。
ですがその足音は確実に私の周りにも忍び寄っていました。

今日は客先での打ち合わせ。
少し広めの会議室に通されまずは雑談。
「最近流行ってますよねぇ、インフルエンザ」
「全く怖い話ですよ」
「あ、そう言えば」
別部署の人が口を開きました。
「ウチの上司、インフルエンザで休んでますよ(^O^)」
「・・・」
「・・・」
部屋の温度が少し下がった気が。。。(^^;

「・・・あ、でも大丈夫ですよ、B型だったらしいですし」
・・・何が「大丈夫」なのかはわかりません。
多分少しでもフォローを入れようとしたんでしょうが明らかに失敗です。

ですが、さすがに大人が揃ってます。
何事もなかったかのように会議が始まりました。

・・・
・・・・・・
・・・きっかり2時間後。
やすみなく続けた会議のおかげで皆さん疲労困憊。
まぁ、そこそこ話がまとまったのでヨシとしましょう。

自社に帰って一息。
張り詰めていた緊張は解け、リラックス。
・・・違和感。
喉が少しイタイ。
そう言えば身体の節々も痛いような。。。
原因はなんだろう?
まぁ、空気感染が流行ってる昨今、いつ、いかなるときに、
どんな人に感染されるかわかったもんでもないです。

喫煙室。
さっき一緒に客先の会議に出た同僚、
「何だか身体がダルいんですよ」
「喉も痛いし」

・・・ま、まさか(゜ロ゜;

あの密閉された空間。
感染ってくれと言わんばかりの距離での会話。
そんな要素たっぷりです(-_-;)

帰宅の途に就いている現在ですが、何だか寒気もしてきたような。。。
い、いや、そんなことはない!
気のせい気のせい。
自分が病気だと思うとホントにそうなってしまう。
気をしっかり持たなくては!
気合いと根性です!!

と、気張ってはみたものの、ダメなときはダメ。
諦めが肝心です。
まぁ、結果は神のみぞ知るってなもんですかね。
とりあえず、2週間は生きられる水と食料は家にストックしてあります。
これで隔離されようがへっちゃらだい!
・・・むしろ閉じ込められればたくさん休養がとれて万々歳ってなもんですよ。
全ては前向きに考えなきゃ(^-^)

・・・しかし、普段は気にならないのですが、
満員電車の中で咳き込む人が多くなったような。。。
やっぱり、もう既に関東にも上陸済みなんでしょうか?
皆さんもお身体には気を付けて。
マスクは必須になりつつありますよ。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-19 23:10 | 第871~880話

第878話 対岸の火事

何だか腰がイタイです。
ここのところ体力が落ちてきたので背筋とかも衰えはじめましたかね。

ニュースはどこもインフルエンザ一色。
感染者が何人になった、とか感染源はどこだ、とか。
どうもテレビを通して聞くと実感がわきません。
遠くのことの出来事。
ですが、今危機はそこにあるのです。
大阪だから大丈夫、なんてことはないのです。
絶対にいますよ、東京にだってひとりくらい。

で、そんな人が満員電車に乗ったらそこから拡大。
そしてそうなるともはや放射状に広がっていくでしょう。
多分、東京で感染者を確認、と言われたらもう手遅れでしょうね。
人口密度がアホみたいに高いのが致命的です。

・・・ところで冷静に考えてみると、この新型インフルエンザにかかったとして
どうなるんでしょうか?
海外では死者も出ているそうですが今のところ日本での犠牲者はいません。
単に熱が出て風邪の症状だけなんでしょうか?

毒性は低い、と言われてはいるものの、どこでいきなり変異するかわかったもんじゃありません。
気を付けるに越したことはないですかね。

まぁ、この列島パニック具合を見ていると、ちょっと前にやっていた
「感染列島」という映画を思い出します。
あれはこの騒ぎを予見していたのでしょうか?
ってかタイムリーですね。
タイムリー過ぎて何か裏があるんじゃないかと怪しいくらいです(^^;

・・・でも思うんですけどね、こういうのがおきて一番得するのって誰なんでしょうね。
話題に困らないマスゴミ?
売れまくってるマスク屋?
それとも・・・?
[PR]
by mkom00 | 2009-05-19 00:19 | 第871~880話

第877話 独りよがりの夢物語

友人の妹さんが今日結婚式だそうです。
生憎の天気ですが
「雨降って地固まる」
と言いますし、何にせよおめでたい話です。
末永くお幸せに(^-^)
・・・兄貴のほうもガンバレ(^^;

夢を見ました。
この世の全ては自分の夢なのです。
目が覚めると何もない空間にひとりだけ。。。
いや、「ひとり」という表現もおかしいかもしれません。
自分を見ても視覚的に捉えることができないのですから。

距離感も何もない虚無の世界。
ただ白い背景が広がっているだけ。
ふと思いつくのです。
こんなところに「自分だけ」。
寂しかったから、あんな世界を考えたんだろうな。
自分の思い通りにならない世界だったのは、
何も制約のない世界に存在していることの裏返しだったんだ。

このあと急速に意識が消えていきます。
眠るように沈んでいくのではなく、断片的に消えていくのです。
そしてそれを自分で意識できる。
「ああ、これで終わりなんだな」
そして私は「そこ」から消えたのです。

・・・まったくもってなんという夢なのか。
自分勝手なのもいいとこです。
世の中にはたくさんの人がいて、その人たちにはちゃんと意思がある。
それを自分の想像だ、と考えるなんて冒涜もいいとこです。

でも、何だか思ってしまったんです。
人はそれぞれ自分主体で生きています。
「世界」という共通の舞台で。
ただ、用意されている舞台はひとつなんだろうか?
共通のプラットフォームは提供されているものの、それはあくまで雛型であり、
その主体である本人ごとにそれぞれ分かれて存在しているのではなかろうかと。
簡単な言い方をすると、家庭用ゲーム機のRPGなんかを想像してもらうといいかもしれません。

とある世界がある。
登場人物である勇者を操り、悪の親玉を倒しに行く。
それぞれ皆同じ世界をプレイしていますが、それに繋がりはない。
例え自分がその世界の中で敵のボスを倒そうとも、別の機械で他の人がプレイしている
内容には何も影響がない。
いわゆるスタンドアローンの状態。
並列的に無限に世界がある状態。

そんな世界を想像してしまいました。
確かに登場人物として世界の人々は存在しているものの、
それは他のその人が主役である世界から立ち居振舞いなどの
基本的な情報を取り込んでいるだけだったとしたら。。。

・・・考えても仕方ないことですね。
仮にそうだったとしてもどうやってそれを認識できるのか?
聞いてみたって他人の頭の中を覗くことはできませんから
それがホントかもわかりません。
だいたいそんなのがわかったところで、じゃあどうすればいいのか、
なんて皆目検討もつきません。
何事もなかったかのように振る舞うしかないんです。


・・・と、朝起きてぼや~っとそんなことを考えてた私。
多分疲れてるんですね。
だんだん思考パターンがおかしくなってきてる気がします。

イカンイカン。
これではよくない。
もっとシンプルに生きなくては。
いらないことは考えるな!
考えなきゃいけないのは
今日の晩御飯のオカズと
明日以降の昼飯どこへ行くか、
くらいだ。
複雑なことを考えてはイケナイ。
精神に負担をかけると焼ききれる。。。
心穏やかに。
それがイチバン大事。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-17 17:35 | 第871~880話

第876話 何処へ行くの?

久しぶりに寝坊しました。
朝起きたらいつも出掛ける時間から30分経過した時刻。
やっぱり1日3時間睡眠じゃ無理か。。。

何かが終わる気配がしてた。
そういう雰囲気。
朝、各チームのリーダー、サブリーダーが集められた。
伝えられたのは各チームの再編。
私の位置は・・・隣の課のサブリーダー。
今度の相棒は真面目で面倒見のいいリーダー。

サブと言われながらも実質リーダーの仕事を押し付けられていた私は
ほっとしたような、一抹の寂しさを感じたような。。。

とりあえずこれで精神的重圧からも解放。
少しは人間らしい生活ができるってもんだ。
サヨウナラ、鬱な日々。
コンニチワ、余裕のある生活。

・・・ま、世の中そんなに甘くないもんですね。
イチ設計者としてユルユルな生活を思い描いていた私には、
背後から迫る絶望の足跡に気付くことはできませんでしたよ。。。

新しい課にはすぐにでも来てもらいたい。
かくしてあらたな生活の第一歩を踏み出した私でしたが、
前の課のリーダー、おもむろに私のところを訪れ、
前に私がやっていた仕事の続きをやってほしいとのたまいました。

ムリ、絶対ムリ。
さっき受けた新しい仕事は通常2人で片付ける仕事。
それを私ひとりでやらねばならず、尚且つ5月末で抜けるメンバーの仕事も引き継ぐ。
ただでさえ、毎日残業5時間、休日出勤も覚悟していたというのにこれ以上どうしろというのか?

丁重にお断りするとご立腹。
なんでも、

どうせあっち行っても簡単な仕事だから前の仕事やる余裕くらいあるだろ。

と考えていたみたいです。
人間、できることとできないことがあります。
今回は明らかに後者。
頑なに拒否を続ける私を崩すのは無理とみたのか、そのお方は新しい配属先のお偉いかたのところへ。

・・・かくして私の預かり知らぬところで今後の私の運命を決めるバトルが始まったみたいです。
女性にはこれっぽっちもモテないくせにこういうときだけは人気者です。
で、その人気に比例するだけの仕事を押し付けられるのがいつものパターン。
願わくはあの人たちが結託して両方の仕事をやるハメにならなりませんように。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-15 23:30 | 第871~880話

第875話 前進か後退か

不幸体質な自分。
なにくそと思っているうちはまだよかったが歳をおうごとにその気持ちが萎えていき今に至る。
まぁ、そもそも不幸を呼ぶ選択をする自分が悪いので自業自得なワケで。。。

イチロー辞めましたね。
・・・と言ってもあのリードオフマンなイチローじゃなく民主党の党首のほう。
「混乱を招いたから」
が理由らしいですが、本人としてはまだやる気だったんでしょうね。
ここまでやったんだったらそのまま突っ走れば良かったのに・・・って無理か。
あそこまで支持率落ちちゃ。。。

ま、アソウにしてみりゃ
「してやったり」
でしょう。
検察まで使って捜査した甲斐があるってもんです。
だいたい、オザワより悪質にやってた二階は不問に付され、のうのうと政界を泳いでる。
マスゴミを抱き込んで批判の目をオザワに集中させた自民の作戦勝ちってとこでしょうな。
それとも、こんな簡単に踊らされる有権者のレベルが低すぎるだけなのでしょうか?

さて、これで自民は安泰。
先のことは考えず、とにかく今の人気回復に努める薔薇閣下。
金をバラマキ、順調に国民の借金を増やしてくれてます。
やりましたね、これで日本の未来も真っ暗です(-.-)y-~

選挙もなく、政権を思うがままにしてきた与党自民。
この政争であらゆる力を使い相手を蹴落とし、自分の流れに持ち込みました。
次に狙うは選挙での勝利。
これに勝てばもはや
「国民の信を得てない内閣」
などとは言われません。
大手を降って傍若無人な振る舞いができます。
増税、法改正、思うがままです。

次に行われるであろう選挙。
これが最後の自浄作用を働かせるチャンス。
郵政選挙で大勝したK泉がその長きにわたる国民の絶大な支援を背に、いったい何をしたか。
今一度考えるべきではないかと私は考える次第であります。
権力の長期保有は人を狂わせるもんですよ。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-11 22:44 | 第871~880話

第874話 テンションが下がりきる日

昨夜のこと。
深夜なぜかこんな時間に私はラーメン屋にいる。
周りはなぜか人でいっぱい。
もうすでに終電もなく、どうすんだ?この人たち。

明日から5連休の始まり。
楽しいハズなのに気分は下り坂。。。


考えてしまう。
5年、10年先、自分はどうしてるんだろう?
全く想像できない。
自分が生きているところがイメージできない。

そう思うのも昨日の帰りのこと。
ホームに入ってくる電車を見て、突発的に飛び込みたくなった。
それも乗換駅全てで。
別に激烈に嫌なことがあったわけじゃない。
何気ない普通の日だった。
次の日からは連休で落ち込む要素は何もない。
むしろ何をしようかウキウキしてなくちゃいけないハズ。

何かをすることが非常に億劫。
生きているのも辛い。
誰かが周りにいるときは普通に振る舞っていられるが
自分がひとりだと感じた瞬間にスイッチが切り替わってしまう。
確かこの間休職した同僚も同じことを言っていた。
やっぱり俺も精神をやられてしまっているのだろう。

一回心療内科ってのに行った方がいいのかもしれない。
このままだと何かをやらかすか、突発的に死んでしまうかもしれない。

皆強いよなぁ。
ちゃんと生きてるんだから。
ちゃんと生活できてるんだから。
こんな何でもないときに弱音をはく俺は社会不適合者なんだろう。
やっぱり5年、10年先、俺はいない、おそらくどこにも。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-02 14:16 | 第871~880話