<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

第606話 運ばれる側としては

こんな生活できるのもあと何日でしょうか。
数えるのも怖いです。。。

さてさて、またまた奈良の救急問題ですか。
確かちょっと前にもありましたよね、
妊婦が陣痛で救急車で運ばれたのに病院が全て受け入れ拒否。
たらいまわしされた挙句に妊婦死亡って話が。

今回もたらいまわし。
で、流産だそうです。

まったくもって、病院は何を考えているのでしょうかね?
人の命を何とも思ってないのでしょうか?
思うのですが、近辺にある病院が全て受け入れ拒否ってのは
どうなのでしょう?
ベッドが空いてないから?
医師の準備ができてないから?
それは理由にならないでしょう?
ベッドが空いてないなら、応急処置くらいはするとかできるでしょう。
医師がいないってのもどうかと。
医師も人間ですから休みは必要です。
ならばローテーションを組んで常に受け入れができる状態に
しておくべきじゃないでしょうか?
1つの病院だけで問題がある場合は、今日はA病院で受け入れ可能、
明日はB病院で受け入れOKといったように地域で連携をとるとか
するべきではないでしょうか?

私、過去2回ほど救急車に運ばれてますが、そのうち一回
受け入れ拒否されてます。
ベッドが空いてない、が理由でした。
そのときは急を要する症状ではなかったので事なきをえてますが、
それでもかなりの痛みでした。
受け入れ拒否された事を聞いた時はどうなることか、と不安になったものです。
ま、幸いな事に次の病院が受け入れてくれたからよかったのですが。

運ばれる側にしてみれば一刻も早く病院に着いて処置してもらって
楽になりたいのです。
その辺わかってほしいですね、奈良の病院。
と、言うかわかっててもそうできない理由があるんですかね?
[PR]
by mkom00 | 2007-08-30 19:27 | 第601~700話

第605話 躾とはなんぞや?

某ナントカバスターのアップグレードをしました。
この中には外部に漏らしたくないキーワードを
ブロックする機能があるのですが、アップグレードした際に
全てパァ、となります。
互換性のある上位グレードにアップグレードするのだから
登録したブロックするキーワードくらいそのままアップグレード後にも
適用して欲しいもんです。
おかげで、今回アップしようと黙々と書いていた内容が全てパァ。
これ書くの2回目ですよ、まったく・・・(--#)

とあるニュースで見ました。

甲府のとある保育園で50代の女性保育士が、
0歳の園児の指しゃぶりをやめさせようと男児の指にからしを塗り、
山梨県が同園に改善を求める行政指導をしていた。

との事らしいです。

ハテ?
これってダメなんですかね?
私も昔、やられたような・・・。
からし、ワサビ、果ては茶碗の持ち方が悪い、
と婆ちゃんに手の甲にお灸されたり。。。

30代の私ですら特に疑問を感じないのに、50代の保育士には
寝耳に水だったでしょうね。

ただ、この保育士は0歳児の親に
「指しゃぶりがヒドイのでなおしてほしい」
と頼まれていたらしく、その対処としてこの措置をとったとの事。
私思うに、0歳児の指しゃぶりは普通だと思うのですが。。。
この親、何をもって「ヒドイ」としてのでしょうか?
それ以前に、こういった躾って親の仕事のような気も・・・。

このニュースに関しては賛否両論みたいです。
「こんなの虐待だ」
と言う意見もあれば、
「昔やられたことあるし、効果あると思う」
とのモノも。
子供を持っていない私にはどちらがいいのかハッキリ言う事は
できませんが、どうなのでしょう?

ただ思うのは、今回のことに関して行政指導はどうなのか?と。
あからさまに悪意を持って手をあげた、ってワケでもなく、あくまで
躾の範囲内だと思うのですが。。。
そのうち、叱りつけるだけで行政指導とかされそうですね。

それともうひとつ。
今回の事で「虐待だ」とする向きが以外に多かった事に驚きました。
こういう人って、悪い事をした生徒に罰としてアタマを叩いたり、
グラウンドを走らせたりしたら学校や教育委員会に文句を言ったりするんだろうな、
なんて思ってしまいました。
そうやって甘やかされて育った子供が成長した世界、あまり想像したくない
ですね、私は。。。

もちろん、そういった人ばかりでないのは判ってますが、
最近、周りの迷惑を考えない人間や自分本位の人間、思いやりのない人間が
多かったり、学校に対してアホみたいな注文や文句を言う親が多いので、
その親の躾、教育はどうだったのかな?などと思ってしまったのです。

今回のことに関しては是非とも、子育ての終わった世代、子育て真っ最中の
若い世代、子育て終盤の世代にそれぞれ意見を聞いてみたいものです。
どれだけ差が出るでしょうかね?
[PR]
by mkom00 | 2007-08-30 18:13 | 第601~700話

第604話 夢芝居

ご近所のワンルームアパートのベランダで
とあるカップルが花火をしてました。
ベランダで、しかも水も用意しないで花火とは。。。
火事になるとか考えないんですかね(--;)

遠出して少し疲れたのか、昨日は帰ってくるといきなりバッタリ。
気が付いたら夜の10時過ぎでした。
で、中途半端に寝てしまったので今度は眠れず難儀していましたが
知らないうちに寝てました。
PCつきっぱなし、扇風機回りっぱなし、テレビつけっぱなし、
電気つけっぱなし。
そりゃ電気代が春の倍にもなりますよね・・・orz

で、次に目が覚めたのが朝8時。
起きるなり
「なんじゃありゃ」
でした。
まぁ、こんな事を起きぬけに思ったので今回は夢ネタなのです。

ナゼか自分が学生。
何か祭のようなものがあって、そこに出し物をするために
皆と一緒に準備中。
役割としては手には楽器、ギターを持っています。
本当なら弾けないハズなのですが、私は得意顔。

準備は進み、多分祭当日。
出番なハズなのに、誰も迎えにきてくれません。
気がつけば祭は終了。
どうやら成功したらしく、皆は喜びあっています。
文句を言う為か、喜びを分かち合う為か、皆に近づこうとするのですが、
何か見えない壁に阻まれて先に進む事ができません。
次第に皆は遠ざかっていき、最後には独りに。

で、いきなり場面が変わって、今度は車を運転しています。
軽の商用車ですかね。
何人か乗っているのですが、誰だかわかりません。
車は山道を走り、その山道はだんだん細くなり・・・。
しまいには車幅しか道がなくなってしまいます。
道から外れると断崖絶壁。
下が見えません。
落ちたら確実に死にます。

にもかかわらず、私はアクセルを踏み込み、速度はどんどん上昇。
途中、大きなカーブがあって案の定曲がりきれずに
道路を外れ落下・・・・・・しませんでした。
車は田んぼにひっくりかえって転がりました。
さっきまで田んぼなんて見えてなかったのに。。。
後ろの座席に座っていた同乗者がワラワラと外に這い出し、
ひっくりかえった車を押して元に戻しました。

それから、凝りもせずにスピードを上げては転落、復帰を繰り返し、
進みつづけました。
で、今度気が付くと前に道がありません。
スピードにのった状態で急ブレーキは効くはずもなく、
というかブレーキもかけずにそのまま闇の中へ転落。。。
こんどは田んぼも何もありませんでした。
いたはずの同乗者たちは何時の間にか消えていて、
車もありません。
ただひたすら落ちる感覚だけ・・・。

ま、お約束の落ちて目が覚めたワケなのです。
よくもまぁ、毎回こんな脈絡のない夢を見るモンです。
と、言うかオモシロイからといって覚えているうちにメモに必死に
書き留めてた私もちょっと問題ですよね、毎度の事ながら^^;
[PR]
by mkom00 | 2007-08-28 12:15 | 第601~700話

第603話 焦って出かける

a0001165_22482811.jpg







アベ内閣、改造ですか。。。
顔ぶれは・・・ま、敢えてツッコミませんが、
一番改造が必要なのはアノ人だと思いますがね。

ふと、朝起きて思い立って車を走らせました。
向かうは北。
目的地がないわけではありません。
川越で有名なつけ麺屋さんがあるとかで、そこへ向かったのです。

その店は営業時間が16:30まで、と普段では絶対訪れるのが
ムリです。休日の今こそ行くチャンスなのです。
それに16:30まで営業とは言ってもスープが売切れてしまうと
その場で閉店。行くのはなるべく早くするべきです。

で、12:00に家を出たのですが、車のナビが示すには
目的地までの所要時間、1時間30分あまり。
余裕です。多分のんびりと食べられるでしょう。

・・・甘かったデス。
渋滞渋滞。。。
まだ全体の距離の三分の二もきてないのに既に到着予定時間は
過ぎていました。

結局着いたのは14:00。
渋滞を切り抜けた私の前に待っていたのは・・・行列でした。
平日の14:00。
普通ならこんな時間に食事をしよう、なんて人はいません。
ですが、私の前には既に10人の人。

この店は一風変わっていて店内総入れ替え制。
いわゆる、席についている人が全て食べ終わると次のグループの
人が入れ替わりで座って、食べる、というものです。
そのグループの人が全て食べ終わらないと、席が空いていても
次のグループの人は店内に入る事はできません。

どれだけ待ったでしょうか?
暑い中、汗をかきながら列を維持していた私の前に
メニューを持った店員が。
「・・・」
特に何も言葉を発さずメニューを差し出す店員。
(--#)

注文後、10分程で店内に入る事ができました。
店内に入ると
「・・・」
特に何も言葉を発さず作業に集中する店員。
(--#)

確か注文は事前にとってたハズなんですが、席についてから
麺が出てくるまで10分近く。
段取りが悪いんですかね。

まぁ、それはさておき肝心の味です。
これだけ有名な店です。
よもやハズレはないでしょう。
麺は太麺でもっちりしてます。
これはいいですね^^
スープは魚介系。
節粉がかかっていてダシも効いている。
おいしいです。

・・・ですが、最近は後発の店も研究をしていて、似たような味を
出す店も出てきてます。
「2時間車+30分以上の行列」を考えると、それだけする価値が
あるのか少し疑問に思ってしまいました。
あ、でも地元の人なら行列だけなんで、それなりの価値はあると
思いますよ。

ま、ちょっと軽い失意の中、川越にきたならやっぱり小江戸の
倉造りな町並みを見ておかなきゃイカン!と足を向けてみました。
ナルホド、こりゃちょっと変わった町並みですね。
で、撮った写真が上記のモノ。
何とも昔ながらの建物と車のミスマッチがよいかと。

ちょっと時間がなかったので、奥の路地とかを見ることは適いませんでしたが、
またそのうちくればいいや、と帰宅。
いや、今日はちょっとだけ有意義でしたかね。
明日は何をしましょう。
あ、確か明日は皆既月食らしいですね。
夕方から空を見れば月が欠けていくのがわかるのでしょうか?
どこかに見に行こうかな^^
[PR]
by mkom00 | 2007-08-27 22:48 | 第601~700話

第602話 やきそば求めて

a0001165_242817.jpg







先週の金曜日、無事に父の手術は終了しました。
これでひとまずは痛みもひくでしょう。
・・・ただ、そういったポリープとかのできやすい家系なので
またいつ再発するかわかりませんがね;;

友人Mが車のタイヤを換えたとかで、その乗り心地を試しに
ちょっと遠出をしてきました。
行き先は富士宮市。
何でも、この間テレビ東京の「でぶや」に取り上げられていた
焼きそばを食べに行くとのこと。

富士宮市内には200軒以上の焼きそばの店が点在しているらしく、
何だかブームなんだとか。
で、今回行こうとしているのが、上記写真に出ている「前島」さん。
ここはその数ある焼きそば屋さんの中でダントツなのだとか。
何とも昔チックな駄菓子屋で、中には鉄板が2つ用意されています。

まず、店に入って鉄板の横の机に座っているおばちゃんに注文をします。
で、あとは出来上がるのを待つだけ。
マスコミ効果とは素晴らしいです。
17時くらい、という中途半端な時間にも関わらず、私たちの前には
3組の待ちがいました。
私たちが注文したあとも客足は素晴らしく、客の車のナンバーも
「湘南」「松本」「品川」と何気に遠いところから足を運んでいるようです。

30分程待ってようやく私たちの番になりました。
鉄板の上には既に焼かれた焼きそば。
焼いているのは人の良さそうなおばあちゃん。
「ソース薄かったら言ってね~」
と次の客の焼きそばを焼き始めました。

ウチらは焼きあがった焼きそばを無言で貪り食い、そして
「ソース足してくださ~い」
私は丁度いい、と思ったのですが、同伴の2人は揃って
「薄い!」
とソースの追加をおばあちゃんに頼んでました。

並盛を食べたのですが、オヤツですね、あの量なら。
私は昔ながらの鉄板で焼くやきそばに文句はありませんでしたが、
同伴2人は「もっとソースが滴り落ちるくらいがいい」
とちょっと首を捻ってました。
あの店は味云々より雰囲気に浸るものだろうな、と私は思いましたよ。
味だけならあの店より美味い店はいくらでもあるでしょう。

で、そのあと、何を思ったのか富士山を目指す友人M。
22℃、20℃、16℃・・・だんだんと車外温度が下がって行きます。
ああ、どこまで登るのだMよ。

・・・外の気温は14℃。
ここは富士山新五合目。
ハテ?私はナゼにこのようなところにいるのだろう?
下界は雲に遮られ、見ることは適いません。
周りにはこれから富士山頂を目指すべく登山の用意をしている人たち。
ウィンドブレイカー、登山靴、杖、ライトと皆さん重装備。
で、その横で、Gパン、革靴、半袖シャツという非常に軽装な私。
いや、まったくもって場違いでしたね。
あの場所でかなり浮いてましたよ、私たちは。

モチロン登るつもりなどこれっぽっちもありません。
あのまま登ろうものならまず風邪ひきます。
いや、それどころか凍えます。
結局、五合目を5分ほどで後にし、山を下りました。

しかしなんですね。
五合目までに続く道は1本しかないのにその道に路駐してたら
車の通行の阻害になるじゃないですか。
なのに、道には路上駐車で溢れてます。
路駐して登山しているアンタらはいいかもしれないけど、
そこを通行する車がいる事をかんがえてほしいもんですね。
それと、登山を終えて道を下る人たち。
アンタらなんでそんなに目立たない服装で暗い道歩きますかね?
幾度となく轢き殺しそうになりましたよ、ホントに。

ま、でもこの酷暑の夏に「寒い」なんて経験するなんて思いませんでしたよ。
でも、今回はひやかしでしたが、いつかは夏の富士山にチャレンジして
みたい、なんてちょっと思ったりしました。

こうして8月最後の土曜日は過ぎていったのでした。
来週はもう9月ですねぇ。。。
ってもう仕事!?
うわぁ、2ヶ月っていざ振り返ってみると早いもんなんですね・・・orz
[PR]
by mkom00 | 2007-08-27 02:04 | 第601~700話

第601話 注意喚起?

あまりキレイなハナシではありませんが、
本日父の痔の手術です。
以前から痔が酷くて某聖○リアンナ医大で
診察を受けていたのですが、そこの医師、
「痛みの原因がわからない」
とサジを投げていたみたいです。
で、そこの副部長に診てもらっても「わからない」。
埒があかないので、今回手術を受ける病院へ行ってみたところ、
「そんな治療じゃ100年やっても治らない」
との事。
半年通っても何も判らなかった聖マ○アンナ医大。
金返せ!と父は申しております。

ついさっきの事です。
いきなり家の電話が鳴りました。
珍しい事です。
で、電話をとってみると、

「こちらは厚生労働省、社会医療保険局です。
あなたに医療保険特別補助金87265円が支給されていますが、
本日中に手続きをしない場合はこの支給額は無効となります。
担当者にお繋ぎしますので電話機の9を押してください」

とのテープに録音してあるような案内。
はぁ!?厚生労働省?社会医療保険局??
胡散臭ぇ。。。
そもそも何で補助金の額が固定なんだ?
録音テープって事はどの人に対しても補助金は87265円なのか?
そういうものは個人個人で額が違うもんだろ?
だいたい、「本日中に手続きしないと無効」なんて
詐欺の常套手段じゃん。
これ考えたヤツは相当のバカですね。

丁度私、ヒマをもてあましてたので、この担当者とやらと
遊んでみたくなりました^^
色々矛盾点をついて、相手をイジメてやろうと。
電話機の9を押しました。

程なくして、男が出ました。
「あ、今の電話ですが・・・」
ブツッ!!
あ、チクショウ切りやがりました。
こっちの声を聞くなり切るとはどういう了見ですか!
くっそー、せっかくのオモチャに逃げられてしまいました。

で、切れた電話をもって少し思ったこと。
(電話機の9を押した時点で何らかの代金を請求されたらマズイな)
ちょっと迂闊でした。
心配だったので、104に電話して先ほどの厚生労働省社会医療保険局へ
繋いで欲しい、と104のおねーさん(?)に言ったところ、
案の定
「そのような部署はありませんが」
との回答。
ま、予測できたことなので厚生労働省の代表に繋いでもらいました。

事情を話すと
「担当者に代わりますので少々お待ちください」
とのこと。
程なくして担当者の男性に代わりました。
・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
とりあえずいきさつを話すと、
「そのような部署も存在しなければ、電話でそういった手続きを
求める事もいたしません。さいきんそういった電話で個人情報を
引き出そうとしたり、振込みをさせるような詐欺が流行っているようなので
そういった電話があっても無視してください」
だそうです。
で、肝心の「電話機のボタンを押したことによる料金の請求被害」が
あるのかどうか聞いたところ、「今のところそういった被害は報告されてない」
らしいです。

ま、とりあえずは一安心。
しっかし、今時こんな古臭い手を使ってるアホウがまだいるんですね。
振り込め詐欺が一般化した昨今、こんな手にひっかかる人は
少ないと思うんですが。
だいたい、「厚生労働省」絡みでマトモなハナシがあるわけありません。
その名前が出た時点で85%は胡散臭いです。
それに厚生労働省がそんなに勤勉なわけないじゃないですか。
もし、仮にそんなことを実際にやってるとして、その担当者は
それぞれの家庭に対して個別に連絡するわけですよね?
一体どれくらいの人員を投入しなきゃいけないでしょうか?
そんなことやるくらいなら、年金の仕事に人員を割け!といいたいです。

何はともあれ、そんな詐欺が横行してるみたいです。
もし、こういった電話がアナタの家にかかってきたら無視して切るか
担当者をイジメてみてください。
ま、もっとも、やっかい事に自ら首を突っ込む事はないので
素直に無視、が最良ですかね。
一応、気をつけてください^^
[PR]
by mkom00 | 2007-08-24 13:07 | 第601~700話

第600話 我の眠りを妨げるモノは

一応、恒例なんで。。。
祝!600話達成!!
500話から約半年。
ナカナカのペースですね。
こんな早朝に更新です。
やったね!コンチクショウ!!
世の中はまだ眠りについていることでしょう。
とりあえず気分一新、ってことでちょっとリニューアル。
3年目にしてやっと、ですが・・・^^;

まぁ、支離滅裂な始まり方ですがご容赦ください。
なんせ、今日は折角普通の時間帯に寝れると思ったのですが、
邪魔が入りまくり・・・。

AM1:30
就寝。今日は何だか気持ちよく眠れそう・・・・。
・・・プ~・・・
・・・・・・~ン・・・
・・・・・・・・・・プ~ン・・・
ああ!もう!!
なんで電気消してしばらくしたら耳元に蚊が来やがりますかね!?
せっかくあと少しで寝れたのにぃっ!!

AM2:30
二度目の眠気の波が。
蚊対策として蚊取り線香に着火。
ヤツもこれでイチコロさっ!!
・・・
・・・・・ガガ・・・
・・ガ・・ガ・・・ガ・・・・
なんじゃウラァ!!
外からなにやら音+振動。
くぅぅ!何でこんな時間に住宅街で夜間工事やってやがりますかね!?

AM3:30~4:00
三度目の眠気の波が。
もう夜間工事も終わったみたいだし、邪魔するヤツはいません。
これ以上邪魔するなら指先ひとつでダウンさせてやります。
ええ、手加減なしですとも!!

あ、記憶がブラックアウト。。。
・・・ハッ!?
何か揺れてる?
地震!?
マズイ!起きて逃げなきゃ!!
財布はどこだ?車のカギは?
・・・って揺れてないじゃん。。。
テレビつけても地震があったなんて痕跡はありません。
完全に寝ぼけてます。
今回は自爆。ってか眠りを妨げた自分を張り倒してやりたいデス。

時計は現在4:30をさしています。
ここまで邪魔が入るって事は、寝るな、って事なんですか?
チクショウ!やってやるゼ!
こうなったらこの妙なテンションで600話目書いてやるぅ!!
しかも適当にリニューアルもしてやるぅ!!

って書いてる途中で眠気第4波が。。。
チクショウメ!!リニューアル終わるまで寝ないからな!!
[PR]
by mkom00 | 2007-08-24 04:46 | 第501~600話

第599話 もういいじゃん

この暑さの中、洗車をしようと思ったのですが、洗車場は一杯。
ガソリンスタンドの洗車機で我慢するか、と思ったのですが、故障中。
やむなく手洗い洗車にしようとしたのですが、この際徹底的に綺麗にしようと
ちょっとグレードの高い洗車を頼んでみました。
・・・9000円オーバー。。。
痛ぇ、痛すぎデス。。。

ガソリンスタンドで洗車が終了するのを待ち合い室で待っている間、
ぼ~っとテレビを見ていました。
「朝青龍外出!」
夕方のニュースですね。

・・・もっと痩せこけてると思いきや、普通ですね。
ニュースでは歩き方も普通。
ただ言葉は発しなかったらしいです。

周りが見てないのをいいことにこっそり遊び歩いてたんじゃないですかね?
診断した医師たちもあんな診察結果を出してますが実際は
たいしたことないんじゃないですかね?
そう言うように頼まれてるとか。
今までの振る舞いを見るとそんな疑いをかけたくなっちゃいますよ。

もうここまできたらモンゴルにさっさと帰してクビにしちゃってもいいんじゃないでしょうか?
強ければ何をやってもいい!
の考え方は相撲には合いませんよ。
さっさと総合格闘技にでも転向すべきじゃないですかね?

あ、でも仕事サボって遊んでるようなヤツはどこもノーサンキューでしょう。
社会人として基本的な事ができてませんから。
まぁ、一部のモンゴルの方は今回の処分を「人権侵害だ」と言っているみたいですが、
モンゴルでは無責任に仕事を放り出して謝罪もしない人間に罰を与えないんでしょうかね?

強い男にこそ品格を求めてしまうのは間違いなんでしょうか?
強くて紳士。
これこそ格好いいと思うのは私だけでしょうか?

ま、最近は弱くても吠えてばかりいる某ボクシング親子もいますが、
あの親子が日本中の反感を買いまくっているのは周知の事実。
やっぱり強かろうが弱かろうが最低限の振る舞いは必要ですね。

敢えて悪役を演じるのなら別ですが。。。
[PR]
by mkom00 | 2007-08-23 18:10 | 第501~600話

第598話 二本立て

a0001165_1431269.jpg







額の皮がむけました。
・・・ぐぉうっ!!
変に皮がむけて痕が!!
額に横一直線にあとが残ってますorz

<1本目>世にもバチあたり

電力消費がスゴイ事になってるらしいですね。
この連日の猛暑でどこもかしこもクーラー、クーラー。
それに加えて例の柏崎の原発が止まってるせいで電力が
足りないとか。
節電ってことでどこぞやの役所や会社ではクーラーを止めたり
してるそうです。
・・・この猛暑の中、クーラーなしで働いたら作業効率ガタ落ちだと
思うんですが、そこんとこどうなんでしょ^^;

ま、そんな「電力がピンチ!」なニュースを聞いた中で
私は今日、究極の贅沢をしてしまいました。
夏に鍋!キムチ鍋!!辛いぜチキショー!!!
しかもクーラーをガンガンにつけて。
寒いくらいに。
やっぱり鍋はこう寒い中で食べるのがおいしいなぁ、と。

電力関連で苦労している世の中の人たちごめんなさい。
電力を思いっきり無駄に使ってます。
でも、たまにはいいですよね、ね?

・・・実は密かにもうひとつ狙ってる計画があって、
クーラーを15℃くらいに設定したのち、コタツに入る。
これって究極の上を行く贅沢ですよね。
いつかやってみたいなぁ。。。。
でんこちゃんに刺されそう^^;

<2本目>キモチよくなるには

ふと引き出しから耳掻きを発見しました。
最近まともに掃除をしていなかったので、ちょっとチャレンジ。
・・・
・・・・・
・・・・・・・・
とれません。確かに奥のほうには何か耳アカがあるようなのですが、
どうやっても取れません。

自分では自分の耳の中を見ることはできません。
もうこうなったらただ闇雲に耳をほじるだけです。
次第に力が入り・・・ゲ、耳掻きにうっすらと血が。

あまりにほじりすぎてちょっと血が出たみたいです。
滲む程度なので別に大事には至らなかったのですが、
やっぱり自分での耳掃除は危険が伴いますね。

こういうのはやっぱり耳鼻科とかでやってもらうのがいいんですかね?
でも、やっぱり個人的には耳掻きで掃除、がいいんですが。
膝枕で耳掃除されたら間違いなく寝ます。
自信あります!(キッパリ)

・・・何だか前にもこんな事書いたような気がしますね。
「膝枕で誰かに掃除してもらうのが一番!」
どんなに時が経とうともこれだけはかわりませんな。
うんうん。
[PR]
by mkom00 | 2007-08-23 01:43 | 第501~600話

第597話 焦燥感

甲子園も決勝ですね。
で、甲子園が終わると夏休みも終わる、と。
学生時代はここから慌てて宿題にとりかかり始めてましたね^^;

9月からの身の振り方がやっと決まって
「仕事を探さねば」
という強迫観念から解放されたのですが、
今度は
「残された休みを有効につかわねば」
という焦燥感に駆り立てられてます。

多分、一生の中でもうこんなに長い休みはないでしょう。
そうなると俄然この残り1週間と少しが大切なものに思えてきます。

でも私は休日の使い方がヘタなヤツ。
何が「有効」であるのかサッパリ。
何より独りでどうこうしようという気にはなれないのです。
と、言う訳で毎回休暇時には途方に暮れて時間だけが過ぎていきます。

こんなとき、皆さんなら何をするでしょう?
趣味に没頭?
旅行?
う~む。
こんな事なら何かもっとのめりこめるような事を見つけておくんでしたorz

・・・多分一週間、寝て、起きて、何もしない。
と、いう日々が続くのでしょうね。
全くこんな生活では世の中の「休みが欲しくてもとれない」人たちに
申し訳がたちません。
と、いうか贅沢な悩みなんでしょうね。。。
はぁ・・・( ̄~ ̄;)
[PR]
by mkom00 | 2007-08-22 14:51 | 第501~600話