カテゴリ:第881~890話( 10 )

第890話 ぐるりと回れば世が変わる

明日はyamayama氏の式です。
ホントは定時に上がって準備する予定が結局いつも通りの終電。
さて、明日着ていくものが何もありません、どうしよう?(>_<)

また何ですかね?
銀河系軍団だか何だか知りませんが、スター選手を買い漁るレアル。
C.ロナウドを129億で買うなんてどうなんですか?
何だかチーム運営ゲームのノリですね。

金を沢山稼いだ→ライバルチームから中心選手を買う→チーム強くなる→収益増加→また別のチームから中心選手を買う→更にチーム力の差が開く→収益さらに増加→またまた別のチームから中心選手を買う→決定的に開く差→勝って当たり前→つまらなくなる

というサイクルになりそうです。
どんなものだって最初の苦しい状態で如何にして工夫してやっていくかが面白いんだと思いますがね。
ま、ひとそれぞれなんでしょうが。

でも人ひとりに129億ですよ?
全く想像できない額。
果たして一生で遣いきれるんでしょうか?
ヘタしたらどこかの小国の国家予算より多いかも。。。
ってか貰う方も貰う方なんですが払う方もまたスゴい。
ロナウドだけならいざ知らず、そんなレベルのヤツをダース単位で飼ってるんですよ。
そんなカネどうやって稼いでるんだか。

しかしですね、冷静に考えると球を蹴って走り回って法外なカネを手にしているわけです。
まぁ、球を投げて打って大金を手にしている野球選手にも言えることですが、これは人気のあるスポーツだからあり得るハナシ。
もし、野球やサッカーがまるで人気がなく、カバディなんてマイナーな競技に世界が熱狂してたら、天才的なカバディ選手がこの世の春を謳歌しているハズです。
ですが現実は甘くはありません。どんなにファンタスティックなプレーをしようともカバディ選手にスポットライトがあたることはありません。

世界が何に価値を見出だすか?
それによっては一発逆転の目もあるわけで。。。
ま、でもなかなかそんな価値観がひっくり返るなんてことは起きません。
トランプの大富豪だって革命起こすには同じ数字のカードが4枚なきゃなんない、というシビアなルールがある訳ですし。
簡単ではないんですね。

かくして、サッカーのスター選手は陽の当たる道を、マイナースポーツのスター選手は日陰を歩き続け、決して交わることなくその選手生命を終えてしまうのです。

サッカーや野球が面白い、という価値を最初に植え付けたのは誰だったんでしょうね?
ま、価値観云々の前に、カバディよりかは野球やサッカーの方が純粋に面白いのは確かなんで仕方ないことなんですかね?
[PR]
by mkom00 | 2009-06-13 00:34 | 第881~890話

第889話 ストレスフル

日々自分が金持ちになる妄想でもしてないとやってられませんな。。。

人間、どうしてもソリの合わない相手がいるもんです。
この間の組織改編で新しい上司が来たのですが、その人がまさにそう。
世の中よく出来てるもんで相手も私を嫌っている模様。
お互い必要最低限の会話しか交わさず、近寄ろうともしません。
始めの頃はまだコミュニケーションを取ろうと努力をしましたが、結局断念しました。
こっちを嫌っている相手に言葉をかけ続けることがどれだけ苦痛か。

ただ、そんなことを言っても職場である以上、会話をしなくては仕事になりません。
かくして、ココロを磨り減らし、ストレス過多な毎日を過ごしているのです。
もう何だか毎日胃に穴が開きそうですよ。。。

あ、そうそう。
この間のインフルエンザ騒ぎで3日休んだとき、出勤後に私にかけてくれた第一声が
「体調管理ができていないからそうなるんだ」
でした。
全くごもっともなので何も言い返せませんでしたが、結局最後まで私を気遣うような言動はありませんでしたよ。
ここで「大丈夫だったか?」の一言でもあればまた違うのでしょうが、これで私は「この人のために頑張ろう」なんて考えがなくなりました。
私を職場の「仲間」ではなく、仕事を進める上での「駒」か「歯車」と見てるんでしょうかね?
これがまた別の人だったりすると対応が違うので単に私が嫌われてるだけなんでしょう。

あぁ、憂鬱です。
唯一の救いは今年の年俸更改のときの評価担当が彼でなかったこと。
多分来年の私の評価は最悪でしょうね。
ヘタしたら降格も覚悟しなきゃならないかもしれません。
・・・何かもう、誰もいない山奥に引き込もって仙人みたいに生きたくなりましたよ。
世を捨てたい。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-06-11 23:08 | 第881~890話

第888話 喪失

末広がりな話数です。
何かメデタイことでもありませんかね。。。
年俸更改もダウン提示だったしいいことなしですよ、ホント(><)

そのもてる技術を使って生計を立てる。
でも、技術を駆使したからにはその駆使したものに責任を
持たなくてはいけません。
料理人は自分の作った料理に、
先生は生徒に、
そしてワタシの仕事であるシステムにも責任を持たなくては
なりません。

それなりの自負もあったし、仕事への情熱もそこそこあった。。。
でも最近はダメなんです。
何に対しても自信が持てないのです。
自分でこうだ、と思ってていても自信が持てない。
始めは日常生活だけだったのですが、最近では仕事でも。

いや、もしかしたら今までは口では「責任が」と言っていても
本当のところはわかっていなかったのかもしれません。
自分がチョンボしても結局は直属の上司が大部分の責任を
負っていました。
ところがいざ自分がそれなりのポジションに就くと、今度は自分が
かつての上司と同じく責任をとらねばならない。
これを認識してしまうと途端に大胆な行動がとれなくなる。

極端な話、技術屋はそのウデ一本で生きていかなくてはなりません。
当然、そのウデには自信があふれていて、なおかつそのモノへの
責任感を持たなくてはいけません。
少なくとも私はそう思ってました。

・・・けれどいつからなんでしょうか?
ついここ最近からですね。
途端に何もかも自信がなくなってます。
ヘタすれば生きる自信すらも。。。

今の仕事に行き詰まりを感じてはいるのですが、かといって別な
仕事を探すこともままなりません。
何より何にも自信が持てないのでは、何をやっても結局は同じこと。
これをどうにかしない限りは先へは一歩も進めません。

この閉塞感を打破するために色々考えたのですが、結局は
自分の考えに自信が持てなくて何もできずに終わるのです。
そして泥沼な精神状態にハマっていく・・・。
[PR]
by mkom00 | 2009-06-10 02:08 | 第881~890話

第887話 しっぺ返しが怖い

来週は我等がyamayama氏の結婚披露宴です。
今のところ出席の方向で進めているものの、
我が職場、不安な状況。
熱が出て寝込んでいても「出て来い」というスバラシイ職場。
果たして運命や如何に。。。

先週、ダービーを当て、「ツイてる!」と勝手に思い込み、
さらには6/6で6のゾロ目の日。
近所のパチンコ屋ではイベントです。
・・・行かなきゃよかったんですかね?

着くなり、席は満席。
待ちます。
数分後、私の近くにいた人が席を立ちました。
ラッキー!ツイてる!!

・・・
・・・・・
・・・・・・・・・
待てど暮らせど一向にアタリはきません。
リーチはかかるのですがアタリを引けないのです。
財布の中からは諭吉さんが去ってしまいました。
あ!
隣がアタリました。
ああ!!
逆の隣がアタリました。

・・・orz

席を立ちます。
私の前に座っていた人もこんなカンジだったのでしょうか?
帰ろうかとふと横を見ると別の機種の台が今まさに空いた
ところでした。
人気台なのでなかなか座れません。
・・・これは私に座れ、またチャレンジしろ、との思し召し?

覚悟を決めました。
再び諭吉さんが私の財布から旅立ちました。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・
アタリ引くこと4度。
一回引くたびに単発。
そして出した分だけまた使いアタリを引く。
これを繰り返し、結局は玉を全部使い切りました。。。
負け、完全に負けです。
失意のままの帰宅・・・orz

翌7日。
安田記念。
春の東京開催最後のGⅠです。
もう惰性ですね。
ふらふらと出かけ、何気なく買う。
今回の本線は牝馬ながら断然の人気なウォッカ。
続いて、去年のダービー馬ディープスカイ。
この2頭はハッキリ言って実力が抜けてます。
で、次に選んだのがカンパニー。
でも、この馬、東京ニガテなんだよなぁ。。。

a0001165_136041.jpg

結果はウォッカの強さをまざまざと見せ付けられたレースでした。
いや、見ごたえのあるレースでしたよ。
・・・結果?
ああ、ウォッカ、ディープスカイまではよかったんです。
次3着が・・・ファリダット。
カンパニーはゴール前でかわされて僅差の4着。
地団駄踏みましたよ、もう。
あと数十m粘ればアタリだったのに。。。

最近のレースはその発走時間がだいぶ遅くなっています。
そこまで観ていると家に帰って家事をする時間がありません。
小腹が空いていたのでカレーを食って馬券だけ買って帰宅。

家でアイロンをかけながら、競馬中継で残りのレースを見る。
ああ、中京11Rはだめだったか・・・。

東京の12Rの発走の頃に丁度洗濯が終了し、洗濯物を干していました。
テレビからは最後の直線に入ってアナウンサーが早口で馬の
名前を連呼しています。
・・・アレ?
何か聞き覚えのある名前が連呼されてるなぁ・・・って、えぇ!?
東京12Rは人気薄の馬を買っていたのでぜんぜん自信はありませんでしたよ。
それが、えぇ!!?
・・・3連単的中。しかも人気薄馬の決着。。。
いや、もう何と言ったらよいのか。
こんなこともあるんですね。
先週に引き続きの万馬券GET!

・・・しかしですね、ここまでいいことがあると反動があるんじゃないかと
勘ぐってしまうのは、普段から幸せが足りていないせいでしょうか?
多分私、今週中に何かありますよ。
交通事故に遭うとか、怪我をするとか、病気になるとか、会社クビになるとか
クビをくくりたくなる出来事に遭遇するか。。。
今から明日の朝起きたくなくなりますよ。
[PR]
by mkom00 | 2009-06-08 01:48 | 第881~890話

第886話 宗教が崇められる理由についての考察っぽいもの

ぼーっとして電車に乗ったら快速急行。
ハッと外を見ると降りねばならない駅をいくつか通過した見慣れない景色。
・・・疲れてるのかなぁ。。。

ひとは何かにすがらなくては生きていけない。
それはお金であったり、モノであったり、アイドルであったりと様々。
若い頃は自分が何でもできると感じる。
それは、まだ底辺の位置にいるから限界が見えていないだけ。
この歳になると自分の限界が見えてきてどうにもならないときがある。
それは自分の心をかき乱し、精神を不安定にさせる。
ここで心の拠り所として宗教を求めるというのはわからないでもない。
唯物的な考え方をすると、神など存在しない、そんなのまやかしだ、と思われるだろう。
確かにその通り。
全知全能の創造神なんてものはこの世界には存在しない。
仮にいたとしても一般人には手の届かない場所にいるのだろう。
だが、一部の狂信的なものを除き、神はいるのかもしれない。
それはどこかに「いる」のではなく「ある」のだと思う。
自分の内なる心の中に「ある」のだろう。
神の正体とは「自分の良心」ではないかと思う。

古来より人間社会の中には必ずと言っていいほど信仰の対象になるものが存在してきた。
それに目を付け、体系化した人はある意味称賛に値する。
深層意識にまで達している神の名を使い、説法、ミサ、礼拝、それらをもって人々に良心を説いたり、思考の方向性を統一したりする。
効率的な支配方法であろう。

「支配」というとマイナスなイメージでとらえられるが、悪い意味ばかりでもなく、人の根本的な土台を作るのにも役立っていたと考えられる。
これはいいこと、これは悪いこと。
人には優しく、自分に厳しく。
これを神の名のもとに行われると一番効率よく吸収される。

ただ、近年では信仰意識も薄れ、こういった人間を作るのは家庭へ、そして学校へとその担い手を移してきた。
まぁ、更に最近では家庭や学校すらその役割を放棄し、精神的に欠陥のある人間が量産されているのが現状である。
今一度、信仰を見直してみる、ということもありかもしれない。

ただ、人が何かにすがるその心を私利私欲に使う輩がどんなときにもいる、ということには気を付けなくてはいけない。
政教分離が叫ばれて久しいが、依然として団体を集票の具として使っているところがある。
最近では、幸福実現党なんてのもそのひとつであろう。
一度そういった閉鎖された組織の中に取り込まれると、なかなか自分が誘導されていることに気づかない。
これは宗教に限ったことではなく、会社や学校でも多かれ少なかれあるものだ。
集団心理が強くはたらく日本人なら特に強い。

確かに誰かに道を決めてもらい、それに付いていくだけなら楽だろう。
だが、自分の行く末は自分で決めるべきのものであり、常に周りに流されず自分だけの自分の中の神(良心)を保ち続けることが大切であろう。

もっともその自分の中の神と対話できない、もしくは確立されていない人が多いから宗教という概念が意味を持つのかもしれない。

まぁ、そうは言っても所詮は無神論者であり、日々精神が不安定なネガティブ野郎の戯言に如何程の価値があるかは皆さんもお分かりであろう。
どうとらえるかはひとそれぞれ。
100人いれば100通りの考え方があって当然。
そう考えてもらいたい。
[PR]
by mkom00 | 2009-06-06 01:08 | 第881~890話

第885話 事実であっても傷つくものさ

明日から両親は新潟へ帰省だそうです。
ETCの恩恵だからとこの間は福島、今度は新潟。
行くのはいいんですが、気をつけてほしいものです。

残業中。
私の後ろから話し声が聞こえます。

「後輩の娘とかいないんですか?」
「合コンしましょ、合コン」
「こっちのメンバーはですね・・・」
「Iさんでしょ?Hさんでしょ?それから・・・」
「mkomさん」

・・・勝手に人の名前使わないでほしいですね。。。

「どれくらいの歳の人なの?」
「30代の脂ののった人たちです」
「ウチの会社のSMAPですよ」

あぁ、これ以上の誤情報はマズイです。。。

「勝手に美化しないで下さい(^^;」

振り向き歯止めをかけようとしたのですが、それがいけなかった。

「あ、この人がmkomさんですよ」
「ウチの会社のキムタクです(^^)」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・(-.-)y-~

「キムタクぅ?┐('~`;)┌」
「こんなのがキムタクって、アンタの会社、レベル低過ぎるよ」


・・・何で初対面の相手にこんな言われ方されねばならないのか?
しかし私もオトナです。
カチン、ときたことはおくびにも出さず、何も聞かなかったことにして仕事に戻りました。
まぁ、そのあとも散々コキ下ろしてたみたいですし、あれ以上聞いてたら間違いなくキレてましたから。

しかし、その発言をしたのがもうそろそろ50になろうかという独身の女性課長代理。
初対面の相手に素面で真っ正面から人を全面否定ですからね。
本人がいないところでならまだしも、本人に向かって「こんなの」だとか「レベル低過ぎ」なんて社会人としてどうなのか、と。

まぁ、憤りは感じたものの、これで私の周囲の女性からの評価がわかりました。
わかっていたことではありますが、ビジュアル的には最低の部類に入るようです。
わかってはいたつもりですが、イザ面と向かって言われるとヘコむもんですね。
更にビジュアル的にも性格的にもイマイチな人に言われたことが拍車をかけてます。

性格も悪くて年齢的にもオッサン。
もはや私、三冠王です。

人を不快にさせるだけのようなので、今後は私の合コン枠は誰かに譲りましょう。
それが世のため人のためってもんです。
[PR]
by mkom00 | 2009-06-05 23:58 | 第881~890話

第884話 決戦!雨の府中

とあるコラムに載っていました。
「忙しい」をやたらと口にするオトコは器が小さい。
そのコラムを書いた人はよっぽど器の小さい人間にしか
会っていない可哀相な人なんですね。
世の中イロイロな人がいます。
それを自分の尺度だけで「器が小さい」とは何とも
器の小さい人ですね^^;
・・・ちなみに普段から「忙しい」を連発している私は
モチロン器の小さいオトコです。

昨日はちょっとだけパチンコに勝って気分が良かったので
その勢いを是非とも翌日に持ち越したかった。
それがホンネです。

a0001165_111558.jpg


今日はダービー目出度いな、っと。
今年も行ってきました、日本ダービー。
サラブレッドが一生に一度しか挑戦することのできない、
その世代の最強を決めるこのレース。
やっぱり普通のGⅠとは違いますね。

まず、人の多さがハンパではありません。
レース開始のファンファーレが鳴るとそれに呼応して客席から手拍子。
もう、地鳴りですね。
あとは出席者。
今回は来なくてもいいような、アソウが来てましたが、
CMに出てる佐藤浩市とかも来てましたし豪華ではありましたね。

今回は皐月賞での強い勝ち方を見せたアンライバルドが圧倒的な支持を
集めています。
対して皐月賞で支持を集めながら、惨敗したロジユニバース。
これが後を追う人気。
さらには究極の仕上げ、だとか雨巧者のセイウンワンダー。

雨です。
で、一部を除き、馬たちは経験したことのない距離に臨むわけです。
波乱の予感。
上の馬特にアンライバルドに人気が集中。一本かぶりです。
で、新聞はどこも「アンライバルドに敵はなし!」ってな論調。
こういう時って得てしてコケるんですよね、人気馬。

危険を感じ、私はこれ以外に
アントニオバローズ、リーチザクラウンの三連複も購入。
ま、ダービーですから普段より多めに買うのはご愛嬌^^

レース開始時間が近づくにつれ、人は増加の一途。
ゴール前で観ようと思ったのですが人が多い上に皆傘をさしているので
全く観えません。
しかたなく、屋根のあるところまで下がり、開始を待つ。

お、国家独唱。
今年は・・・サブちゃん!?
北島三郎です。
盛り上がる場内。
なかなかの人選ですね、やるな、JRA!

ファンファーレが鳴り、俄然ヒートアップする場内。
こういう一体感は大好きです^^

スタート!!
勢いよく飛び出したのはジョーカプチーノ。
そのままぐんぐん加速し、後続をどんどん引き離します。
そこかしこから上がる悲鳴。
それもそのはず。
このジョーカプチーノ、前回のNHKマイルカップでもまんまと
逃げおおせた馬。
そのまま行ってしまうのでは!?
3コーナー付近でもまだだいぶ差が・・・あ、縮まってきた。

4コーナーで先頭に立ったのはリーチザクラウン。
よし!ナイスだユタカ!!
鞍上に天才武豊を乗せたこの馬はそこから突き抜ける・・・と思いきや
どうもイマイチ。
代わりに最内ギリギリを伸びてきたのがロジユニバース!!
後続を突き放し、さらに加速!
もうこれで決まりでしたね。
あとは2着3着。
リーチザクラウンは何とか2着を確保しそう・・・って待て!
いつの間にかもう一頭。
あれは・・・アントニオバローズ!?
もう少しでリーチザクラウンをかわす!?

・・・あともう50mもあれば完全に順位は入れ替わっていたでしょう。
でも、残念ながら逆転はならず。
リーチザクラウンはかろうじて2着確保。
3着アントニオバローズ。

・・・アレ?
そう言えば。。。
買った馬券を見る。
ヨッシャーっっっ!!!!!
取れてますよ!
アンライバルドがコケたことを考えて、
ロジユニバース、アントニオバローズ、リーチザクラウン
の3連複を買っておいたのですよ。
やったやった!!
新聞の倍率欄を見ると299倍以上。
期待が膨らみます。

「確定」
順位が確定しました。
配当も発表されて、注目の3連複は?
40320円!!!!
初めてです。
4万馬券ですよ!
もう狂喜乱舞でしたね。
親父と来ていたのですが、ひとりで小躍りですよ^^
ちなみに余談ですが、父親が家の机に残してきたメモによると
その当たりの組み合わせがしっかり書いてあったそうです。
が、競馬場にきて考えを変えてしまったとのこと。
やっぱり「初志貫徹」ですよ。

まぁ、悔やまれるのが掛け金が少なかったこと。
そりゃそうです。
自分でも来るなんて思ってませんでしたから。

換金してホクホク顔の私と微妙な顔つきの親父。
そのあと何気なく買った馬券が60倍もついて親父もホクホク顔に
なったのはまたさらなる余談なんですがね^^;

お祝いです。
まず、実家に帰って母親にお小遣い。
そしてそのままどこかへ何かおいしいものを食べに行こう!
となりました。
ちょっとリッチにしゃぶしゃぶなんてどうだろうか?
普段行くようなファミリー向けではなく、ちょっとお高めのお店をチョイス。
で、その店に着き、メニューを見て悩む。
どれにしようか?
別に懐はこれ以上なく暖かいです。
値段を気にすることはありません。
せっかくだから一番高いメニューで!

・・・おいしかったですよ^^
a0001165_1574084.jpg

肉も良かったし、懐石形式なんで刺身、てんぷらなんかも出てきて
量的にも満足。
お値段的には普段ありえない額でしたが、それも年に数回あるかないかですし、
そもそもこれはあぶく銭。
元からなかったものと考えれば有意義な遣い方だったんじゃないでしょうか?

さて、次にこんなもんが食べられるのは果たしていつの日か?
でも、最近競馬はともかく、パチンコでは負けてないのでまた近いうちに
行ける・・・といいなぁ^^;
[PR]
by mkom00 | 2009-06-01 01:58 | 第881~890話

第883話 二日目

外で子供の声がする。
これから学校だろうか?
明日が楽しみだったのは果たしていつまでだったか。。。

日曜の夜に少し違和感を感じ、就寝。
朝、激しい倦怠感、頭痛。
喉も痛い。
熱を測ると36.1℃。
平熱が34.8~35.0℃な私にすれば微熱。

37℃あったら病院行け

これが最近の職場のルール。
インフルエンザを警戒してのことなんでしょうが、
私にはこの症状、結構あるんです。
以前は結核が疑われ、市立病院にまで送り込まれましたが
慢性気管支炎、とのありがたい診察結果を頂いただけでした。

で、病院へ行ったのですが何ともはっきりせず。
とりあえず様子を見ましょう、と昨日はお休み。
薬ももらったのでとりあえず飲んで寝ました。

今日、再び熱を測る。
36.2℃。
変わらない。。。
ついでに言えば咳が出始めました。
さらに下痢も。。。

これ以上、欠勤するわけにもいかないのですが、
もし、これで出社して周りにうつしたら顰蹙ものです。
一応、医者のお墨付きをもらって大手を振って出社しなくては。

病状に咳と下痢が加わったとはいえ、昨日とそんなに変わらない状況。
病院には行かず、電話で先生に出社の可否を聞いてみることに。

「う~ん、もう一日様子を見ては如何でしょうか?」

医者も判断がつかない様子。
インフルエンザではないだろうが、とは言っていましたが、
もしかしたらそういう症状の患者がいたのかも。

こう言われては無理に出社して誰かにうつしたら言い訳もできません。
仕方なしに会社に二日目の休みの連絡を入れたのです。。。

こんな風になったからには一応気を遣わなくてはなりません。
昨日、医者に行ってからは一歩も外に出てません。
誰にも接触してません。
とりあえず食料、水は確保してあります。
篭城戦は続いていきます。

明日は社会に復帰できるといいなぁ。。。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-26 09:14 | 第881~890話

第882話 Happiness

前向きな発言をしたら
「それはアナタのキャラじゃない」
と笑われてしまいました。
普段、どんだけ後ろ向き野郎なんでしょうか?

忘れておりました。
部屋を掃除していて出てきた本。

コレ、なんですがね、
a0001165_2156214.jpg







あんなに探し回った挙句にタナピー氏まで動員し、
新宿にてやっと手に入れたものなのにその存在を忘れてました。
まぁ、ここのところ忙しく、料理をしている暇もなかったんで見ていなかった
というのは言い訳でしょうか^^;
いや、申し訳ない、タナピーさん。

さて、改めて中を読んでみます。
それぞれ見開きで1品ずつレシピが載っています。
a0001165_2225640.jpg







と、いうか材料と大雑把な作り方ですね。
欠かさず番組を見ていた私は
「ああ、あの場面か」
と作り方がアタマに浮かびますが、初めて見る人には
ちょっと不親切な構成かもしれません。
具体的に作業をしている写真なんかあればよかったかもしれません。
まぁ、あくまで素人の感想なので、デキる人にしてみれば
「これで十分」なのかもしれません。

春夏秋冬それぞれ季節に分けられたレシピ。
全部で43。
どれ見てもウマソウです。・・・あ、鶏料理除いて^^;
あとはそれぞれの放送回についての国分太一とケンタロウのトーク、
それから太一レシピなるちょっとしたサイドメニューのレシピなんかも
載ってたりします。

これを見て思い出しながら作りたいなぁ・・・暇があれば。

ページ数は少ないんですが、個人的に気に入ったのは
ケンタロウ・オススメグッズのページ。
改めて見ると、ウチにもなかったものがあったなぁ、と気づかされました。

ああ、こんなの見てたらまた小腹が空いてきましたよ。
なんて罪な本なんでしょ^^;

ちなみに本日のサブタイトル
「Happiness」
の意味は、後ろ向きに生きてると幸せが逃げる、
との助言を頂きまして、前向きなタイトルをつけよう、
と思い立った次第であります。
内容とは関連性が「少し」しかありません^^;
[PR]
by mkom00 | 2009-05-24 22:13 | 第881~890話

第881話 血は水よりも濃いが

ついにご近所で新型インフルエンザに感染した人が。
私もそのうち・・・(;_;)

政治家の世襲に一部規制がかかるとか。
まぁ、そもそも公僕である彼らに後を継がせるという行為は必要なのか?
国民の生活を左右する能力商売である以上は常に高い水準が求められます。
世襲は果たしてそれを満たせるのか?

血統が重視される競馬でさえ、どんなに優秀な父母からでも
スターホースが生まれるのは一握り。
年間、一頭の種馬から物凄い数の仔が産まれる馬ですらそんななのに、
たかがひとりかふたりしか産まない人間がその能力を子孫に伝えるなんて
確率的に低い話です。
そもそも、今や2世、3世は当たり前な政界にはどうも劣化しまくった人間ばかり。
その子孫にどれだけの期待がかけられるのか?

こんな成功者の末路の話があります。

初代が財を築き、
二代目が食い潰し、
三代目が潰す。

今の政治屋は二代目ばかり。
これが次に世襲などしたら確実に日本は沈むでしょう。

別に人の職業選択をとやかく言ってるわけじゃないんです。
政治屋になりたければなればいい。
ただ、誰の力も借りず、自分の力だけでなってほしい。
そんな簡単にポンと渡されたものに如何程の価値があるのか?

それに今は少しでも舵取りを間違えてはいけないとき。
そんな親の七光りだけが取り柄な輩がのうのうと座ってられる席なんてないハズです。
個人経営の会社ならそれもいいかもしれません。
ですが、その責を負う両肩には皆の未来がかかっているのです。

さて、これからは既得権益を持つものと持たざるものの争いになるでしょう。
果たして行く末はどうなるのか?
少しは変わってくれることを望みたいもんです。
[PR]
by mkom00 | 2009-05-22 23:56 | 第881~890話